ヨーロッパはWhatsApp、Facebookなどに通信会社のプライバシー保護ルールを拡大することを提案

ヨーロッパはWhatsApp、Facebookなどに通信会社のプライバシー保護ルールを拡大することを提案

欧州委員会は、電子メールおよびモバイルメッセージングデータを初めてカバーするために送金を拡大する個人通信データの使用を規定するルールを更新するための提案を発表しました。つまり、ePrivacy規制はFacebook、WhatsApp 、アップルとGoogle。 通信事業者は、個人情報の利用に関する規制の非対称性、サービスを使用して送信されるデータと、インターネット企業が運営するアプリケーションや

欧州委員会は、電子メールおよびモバイルメッセージングデータを初めてカバーするために送金を拡大する個人通信データの使用を規定するルールを更新するための提案を発表しました。つまり、ePrivacy規制はFacebook、WhatsApp 、アップルとGoogle。

通信事業者は、個人情報の利用に関する規制の非対称性、サービスを使用して送信されるデータと、インターネット企業が運営するアプリケーションやサービスを介して送信されるデータに厳しいプライバシールールを適用することについて、

ETNOとGSMAが提案した新しいePrivacyのルールを依頼する声明を発表しても、通信業者はまだ満足していないが、ECがそれを置く "市場の現実を反映する"という新しい提案の下で、特定の種類のデータを処理する場合と、他の通信相手を処理する場合に厳しい要件を課します。

「接続された車、IoTデバイス、またはモバイル・アプリケーションのロケーション・データの処理に適用されるルールは、5Gビジネス・モデルを危険にさらす危険性があるため、問題を明らかにする」と、代わりに「収集されたデータの信頼ベースの使用電気通信事業者によるものです。

新しい規則は、電気通信事業者が公共サービス機関や運送会社を支援する個人の存在を示すヒートマップを作成するなど、ECの一例では「追加のサービス」を提供するために通信コンテンツやメタデータを利用できるようにする新しいインフラプロジェクトを開発するとき

このような目的でデータを処理するには、ユーザーの同意を得なければなりません。そのため、他のプロバイダーとの競争の激しい分野では通信業者が苦情を申し立てることはできません。

クッキールールは、新しい提案のもとで変更される予定である。つまり、ECが「インターネットユーザーに対する同意要求の過負荷」をダブリングすることを合理化するためである。 2009年のePrivacy指令への更新の結果です。

ECは、新しいルールにより、ユーザーにプライバシーのリスクがある場合にクッキーや他の識別子の追跡を許可または拒否する簡単な方法を提供して、Cookieの設定をより詳細に制御できるようになると主張している。 ウェブ上でヨーロッパ人に付随するクッキー同意通知の小隊に影響するかどうかはまだ分かっていますが、

広告業界団体は、提案された変更に満足していない。IABは、新しい法律が「広告ビジネスモデルを否定できないほど損なう」と主張しているが、Cookie設定管理に関してはウェブユーザーに大きな負担をかけると主張している。

「提案されたテキストを大幅に改善することなく、ユーザーは、使用するすべてのデバイスやアプリの設定を積極的に変更しなければならず、ウェブサイトや他のデジタルサービスを利用する際に無害なクッキーを使用すること、 "IABは主張しています。

広告業界の苦情にもかかわらず、ECが「非プライバシー侵害のクッキー」と称するもののいくつかのユースケースでは、ショッピングカートの履歴を覚えていたクッキーなどの提案で同意する必要はなくなりました。そのウェブサイトへの訪問者。 これは、サービスがクッキーの同意を得る必要があるかどうかを判断するための混乱の可能性を示唆しています。

もう1つの広告グループであるEACAは、ePrivacyの提案が「第三者のデータ駆動型ビジネスサービスプロバイダーへの制限的アプローチ」を取っていると非難している競争からのビジネス "

新規則のその他の目的は、昨年改正されたEUの更新された一般データ保護指針(GDPR)と規則を調和させることであり、2018年にEUで効力を発する予定である。これは、データ保護のためのより厳しい罰金EUのePrivacyルールに違反している企業には、GDPR(会社のグローバル収益の最大4%)に定められた違反が適用されます。

提案に含まれていません :ブラウザがデフォルトでクッキーを許可しないようにするための以前の提案。 デザインフレームワークによる厳格なプライバシー。 EU市民がプライバシー侵害のための集団訴訟を起こすことを可能にする初期の計画...

欧州委員会は、昨年 、さまざまな消費者および業界団体からのフィードバックを得て、 昨年の ePrivacy指令変更に関する公的協議を実施したが、EU市民(81.2%)や公的機関(63 (セルフ/協調規制を支持するオプションを支持している業界の58.3%)の製品を市場に出すために、端末機器メーカーに課された義務を支持した。

ECはもともと、2016年末までに提案された新しいePrivacyルールを望んでいましたが、それは新年の初めにプッシュされています。 欧州連合(EU)議会やEU加盟国が地域法になる前に、新しい提案を議論し、受け入れなければならない。そうすれば改正案が出る可能性が高い。

ECは、GDPRが発効する2018年5月25日までに規制が採択されることを目指しています。

ヨーロッパはWhatsApp、Facebookなどに通信会社のプライバシー保護ルールを拡大することを提案 の関連タグ
ヨーロッパはWhatsApp、Facebookなどに通信会社のプライバシー保護ルールを拡大することを提案 の関連記事